MENU
当サイトはリンクフリーです

許可なくWebサイトにリンクを貼っていただいて問題ありません。

引用、画像等のご利用時も「引用または出典」として該当記事にスケラボへのリンクを貼っていただければ、OKです。

Web以外への転載は問い合わせフォームよりご連絡ください。

【1泊2日】海の京都旅行!伊根の舟屋や天橋立観光のモデルコースを紹介

当ページのリンクには広告が含まれています。
travelimage

どうも!旅行好きのすけ(@sukesketch_)です。

伊根の舟屋に泊まりたいけど、まずは予算やモデルコースが知りたいなぁ

という方のお悩みを解決します。

2022年に実際に行った際のルートを紹介しますので、旅行の参考にしてください。

この記事はこんな人におすすめ

海の京都、伊根町に行きたい人

舟屋に泊まりたい人

もくじ

予算・費用

都内からの往復、2人分で約110,000円でした。

JRの切符購入サイトが使いづらさの極みなので、きっぷるで切符は手配して、宿は好きな舟屋を探すのがおすすめです。

あわせて読みたい
国内旅行の旅費を安くする方法【目的地別・交通手段別】 どうも!旅行好きのすけ(@sukesketch_)です。 という方のお悩みを解決します。 当たり前か、ってことも普段旅行しない人にとっては貴重な情報というとこを最近学んだの...

内訳

新幹線代  約60,000円
カーシェア 10,202円
宿泊費   24,200円
食事代   約8,000円 
お土産代  6,614円

伊根町について

伊根町周辺は海の京都と言われ、日本海に面した丹後半島に位置します。

京都市内からは車で3時間ほどです。

伊根湾には、1階が船のガレージという独特の建築様式の家屋「舟屋」が230軒立ち並んでおり、国の重要伝統的建造物保存地区に選定されています。

伊根までの交通手段

自宅から伊根までのルートを紹介します。

免許を持っているのであれば、車で行くのがおすすめです。

公共交通機関だと天橋立駅までは電車で、そこからバスですね。

すけ
京都府なのに京都から遠い!

海の京都旅行1日目

ROUTE
自宅

自宅から東京駅までは電車で移動しました

ROUTE
東京駅

のぞみだと乗車時間は2時間ちょいで、8時過ぎに京都駅に着けました

ROUTE
京都駅

京都駅前でカーシェアして北上するかと思いきや、南下して寄り道

ROUTE
平等院鳳凰堂

平日で割と空いてましたが、修学旅行生が何組かいました

風がなかったので完璧なリフレクション

ROUTE
セントジョンズ・ベア

シャレたカフェで昼食をとりました

海沿いの席に座れたので自由に撮影してました

ROUTE
元伊勢籠神社

本物だか石だかわからないカメがいました

ROUTE
府中駅

ここからケーブルカーに乗りました

ROUTE
傘松駅

すぐ到着

ROUTE
傘松公園

天橋立とご対面

股のぞきもちゃんとやりました

ROUTE
伊根

日光が水面に反射してとてもきれいでした

ROUTE
INE CAFE

舟屋を見ながらだんごを食べました

ROUTE
まるいち

なかなか予約が取れない宿です

部屋からこの景色が見放題

偶然平日に予約が取れたので、急遽行先変更しました(笑)

ROUTE
海宮

宿に食事処はないので、車で移動しました

魚料理がおいしかったです

すけ
まるいち、直前で予約できたの奇跡だと思う

海の京都旅行2日目

ROUTE
まるいち

部屋の中でも映え写真が撮れそうでした

ROUTE
舟屋食堂

朝ごはんをいただきました

ROUTE
夕日ヶ浦

曇っていたので、車から降りさえしませんでした

ROUTE
かぶと山展望台

曇りでもそれなりに綺麗でした

カップル1組のみ道中すれ違っただけで、展望台は貸し切り状態でした

晴れているときにリベンジしたいですが、展望台までの道が結構きつかったです

ROUTE
久美浜駅

風情のある駅舎でした

売店で瓶のコーヒー牛乳を買いました

ROUTE
THE SPICE

オシャレなカレー屋さんで昼食

近くにあったら通うぐらいおいしかったです

ROUTE
京都駅

車で約3時間かけて戻ってきました

ROUTE
京都市内

少し時間があったので、京都駅付近を観光しました

ROUTE
東京駅

帰ってきた感がある

ROUTE
自宅

本当に帰ってきた

海の京都旅行まとめ

1泊2日で十分満喫できました。可能なら2泊3日の方が、余裕もって観光できると思います。

すけ
次は紅葉の時期に行きたい!
この記事を書いた人

いい旅、いいモノブログ「スケラボ」を運営している、すけです。

資格:国内旅行取扱管理者・夜景観光士・地理検定

エンジニアとして働く一方で、趣味の旅行を楽しんでいます。

ADDressを使って、多拠点生活中で、ほぼ毎日が旅行!

カメラも好きで、記事内の写真はほぼすべて自身で撮影したものです。

ココナラで、オーダーメイド旅行プラン作成のサービスを出品中!

travelimage

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

もくじ