MENU
当サイトはリンクフリーです

許可なくWebサイトにリンクを貼っていただいて問題ありません。

引用、画像等のご利用時も「引用または出典」として該当記事にスケラボへのリンクを貼っていただければ、OKです。

Web以外への転載は問い合わせフォームよりご連絡ください。

【ADDress】口コミや評判、使ってみて感じたデメリットを紹介

当ページのリンクには広告が含まれています。

どうも!旅行好きのすけ(@sukesketch_)です。

ADDress使ってみたいけど、実際どうなんだろう

という方のお悩みを解決します。

2022年8月から約半年間使ってみてわかったメリット・デメリットを紹介しますので、参考にしてください。

この記事はこんな人におすすめ

ADDressの利用を検討している人

多拠点生活をしたい人

ワーケーションをしたい人

もくじ

ADDress(アドレス)について

詳細、最新情報はADDressのページをご確認ください。

ADDressとは

住まいのサブスクサービス。
初期費用や光熱費はすべて込み。Wi-Fi・家具家電など生活や仕事に必要なものは完備しています。

「都市か地方ではなく、都市にも地方にも暮らす。観光以上、移住未満の多拠点生活というライフスタイルを広げることで、幸福度の高い豊かな暮らしと地域活性化」を目指している。

ADDress拠点の種類

家タイプ:戸建て・ホテル/旅館・ゲストハウス・シェアハウス・キャンプサイト

部屋タイプ:個室・ドミトリー

ADDressの料金体系

チケットの枚数別に複数プランがあり、チケットは1枚あたり1日分の予約に利用できます。
利用予定に応じて毎月プラン変更可能、余ったチケットは半年間繰り越されます。

以下、公式サイトの情報を記載します。

  • 2枚プラン
    月額 9,800円 (税込)
    予約チケット 2枚/月
    ADDressのお試し利用に!
  • 5枚プラン
    月額 19,800円 (税込)
    予約チケット 5枚/月
    二拠点生活におすすめ!
  • 10枚プラン
    月額 39,600円 (税込)
    予約チケット 10枚/月
    多拠点生活をするなら!
  • 15枚プラン
    月額 59,400円 (税込) → 月額 54,400円 (税込)
    予約チケット 15枚/月
    新プランリリース記念
    2023年7月まで月5000円引き!
  • 30枚プラン
    月額 99,800円 (税込)
    予約チケット 30枚/月
    アドレスホッパーさんや移住先探しに!

公式詳細ページ

同伴者利用

親族や友人などは、会員と同伴であれば、無料で同室の利用が可能です。(一部有料の家あり)

申請&審査が必要ですが、同伴利用の登録は5名まで無料です。

公式詳細ページ

家守さん

各拠点には1人以上、家守(やもり)さんがいます。

宿泊予約リクエスト対応や、拠点の清掃・管理をしてくれています。

公式詳細ページ

ネット環境

一応全拠点、Wi-Fi環境はあるはずです。

ただ、場所によっては遅すぎて仕事にならなかった拠点もありました。

その他

ルール・はじめ方・予約方法・滞在方法・休会・解約について等は公式サイトをご確認ください!

月のトータル費用

新プランは5種類あるので、どのプランかによって月額費用は大きく変わってくるかと思います。

旧プランは44,000円/月だったので、その時の実費用を紹介します。

合計:約201,000円

ADDress:44,000円
交通費:約60,000円
※航空券・新幹線代・電車代・カーシェア代・バス代など
食費:約80,000円
※ほぼ外食
雑費:約15,000円
※お土産代・観光地の入館料・コワーキングスペース代など

すけ
旅行も兼ねているので、高額!これでも航空券はマイル使ってる・・・

拠点までの交通手段

自家用車がないので、公共交通機関がメインです。

駐車場がある拠点も多いですが、レンタカーやカーシェアだと使わない時間が多くなってしまうので、基本駅チカの拠点を選んでいます。

とはいえ、結構歩く拠点ばかりなので、自家用車があれば、迷わず車移動にします。

すけ
青春18きっぷ使ってる人も結構多かった!

ADDress生活時の持ち物

出かける前のチェックリストをコピペ↓

  • リュック
  • 財布
  • 現金
  • クレジットカード
  • カーシェアカード
  • ECTカード
  • ノートPC
  • スマホ
  • カメラ
  • レンズ
  • カメラバッテリー
  • SDカード
  • 充電器
  • イヤホン
  • コネクタ
  • 下着
  • パジャマ
  • 上着
  • 着替え
  • 靴下
  • サンダル
  • エコバック
  • 機内用バック
  • 速乾タオル
  • ハンカチ
  • ティッシュ
  • 整髪料
  • 化粧水
  • 歯ブラシ
  • 歯磨き粉
  • リップ
  • ハンドクリーム
  • シェーバー
  • シャンプーリンス
  • クリーム
  • ヘアバンド
  • 爪切り
  • ネイルオイル
  • 筆記具
  • 腕時計
  • 折りたたみ傘
  • スリッパ
  • 割りばし
  • マスク
  • 耳栓
  • 楊枝
  • 眼鏡
  • 眼鏡ケース
  • コンタクトレンズ
  • スタンプ帳

ADDressの利用者

老若男女ですが、大きく分けるといずれかな気がします。

1.大学生
2.テレワーク社会人
3.定年後 or 早期リタイア

おそらくボリュームゾーンは2ですが、皆日中は仕事しているからか交流の機会が少なく、3の方々と話したり出かけたりする機会が多かったです。

すけ
でもニートも結構いたような

ADDressのクーポンコード(紹介制度)

ADDressの申し込み時にクーポンコードを入力すると、紹介者も入会者もAmazonギフトカードVISA eギフトカードがもらえるみたいです。

私のIDを記載しておきますので、是非ご利用ください!

0b0c2749f2

公式詳細ページ

実際に行ったADDress拠点紹介

滞在した家を時系列で紹介します。複数回滞在している拠点は初回のみ記載します。

椎名町A邸 201

2022年8月記念すべき初拠点、冬はとても寒いらしい。

静岡用宗B邸 202

仕事帰りに都内から向かいました。仕事しやすい拠点でした。

桜島A邸 101

桜島に初上陸、拠点に入ったらヤモリ?みたいなのが3匹ぐらいチョロチョロしていました。

屋久島A邸 101

宿が多いエリアとは少し離れています。屋久杉を見に行きました。

都農A邸 ロフトルーム

たくさんの人がいて、都農ワイナリーの関係者の方と知り合えました。

須賀川A邸 303

ウルトラマンの街で、近隣施設も充実していました。

平井A邸 302-2

アクセスも良くて、交流しやすい好きな拠点でした。今はもうないようです。

湯元温泉A邸 jellyfish

キャッシュレスの店(現金NG)として現地でちょっと有名でした。

大洗A邸 203

歩いて海に行けます。徒歩圏内に色々あるので、楽しめました。

荒川A邸 203

おいしいラーメン屋が近くにありました。

台原A邸 106

家自体がシェアハウス用の作りになっていて、新鮮でした。

角館A邸 116

初のホテル拠点でした。快適でしたが、ADDress感はゼロでした。

鎌倉B邸 203

この拠点が気に入りすぎたという長期滞在者がたくさんいました。

五島B邸 2B

福江島の人たちは皆親切でした。

武雄A邸 301

温泉がすぐ近くにありますが、全ての温泉が熱過ぎました。

唐津A邸 ドミトリー

併設のワーキングスペースが快適過ぎました。

門司港A邸 201

家守さんが経営しているカフェがよかったです。

志村三丁目A邸 402

近くの町中華がおいしかったです。

大和西大寺A邸 202

ちょうど貸し切り状態でのんびりできました。

京都西大路A邸 09

外国人の方がたくさんいて楽しかったです。

名古屋B邸 1108A

名駅からのアクセスが良いので助かりました。

石垣B邸 203

家守さんが釣ったグルクンをから揚げにしてくれました。

南相馬A邸

駅前のカーシェアを活用しまくりました。

石巻A邸 星

実家のような安心感がある拠点です。

気仙沼A邸 102

徒歩圏内に色々あって観光も楽しめました。

普代A邸 410

携帯の電波も危うい僻地ですが、ワーキングスペースで快適に仕事ができました。

姫路A邸 A号室

竹田城跡の雲海を見に行くための拠点として活用しました。

淡路島A邸 ASAYAKE

4日間で淡路島を満喫できました。

新大阪A邸 4号室

立地が良いし、飲食店も多くて使いやすかったです。

静岡蒲原A邸 茜色-Akaneiro-

家守さんの駄菓子屋で買い物しました。

沖縄那覇E邸 シングルルーム 5号室

仕事も観光もどちらもしやすかったです。

沖縄本部A邸 コンセプトルーム

自転車で探索して綺麗なサンセットも見れました。

沖縄本部D邸 101

飯がウマくて、カタンができるゲストハウスです。

沖縄名護A邸 101

近くにあるワーキングスペースで仕事ができました。

すけ
観光、交流など、何を求めるかによって、おすすめ拠点は変わる

ADDress生活のメリット・デメリット

半年以上使い続けているということは、メリットとデメリットを天秤にかけて、メリットが上回っている訳ではあるのですが、整理してみました。

何と比較するかにもよるのですが、私の場合、旅行の宿泊先+ワーケーションとしての利用なので、ホテルやシェアオフィスとの比較しての良し悪しで書いてます。

メリット

色々な方と交流できる
金額面(安い・初期費用不要・光熱費込)
色々な拠点がある
拠点が多い
全てオンライン完結
知り合いが増える
仕事できる環境がある(必ずデスク完備)

デメリット

汚い拠点がある
理不尽なキャンセルがある
直前予約できないなど、予約の自由度が低い
生活音が気になる
自分のペースで生活しにくい
掃除が手間
予約を取りにくい拠点がある
気に入った拠点が閉鎖することがある
閉鎖的なコミュニティ
ネット回線が不安定な拠点がある

メリットにもデメリットにもなり得る特徴

徒歩圏に何もない拠点もある
駅から遠い拠点が多い

解約理由

聞いた話だと以下が多そうでした。

1.定住場所が決まった
2.仕事都合
3.汚い

まとめ

衛生観念がバグらないと続けるのはしんどい、そして1年以上続けている人は結構頭おかしい人が多い(褒めてる)

2023年1月の大幅プラン変更で、月9,800円から利用でき、試しやすくなったので、迷っている方は一度お試しあれ!

すけ
デメリットを色々書いたが、応援しつつ、今後も使い続ける予定!
この記事を書いた人

いい旅、いいモノブログ「スケラボ」を運営している、すけです。

資格:国内旅行取扱管理者・夜景観光士・地理検定

エンジニアとして働く一方で、趣味の旅行を楽しんでいます。

ADDressを使って、多拠点生活中で、ほぼ毎日が旅行!

カメラも好きで、記事内の写真はほぼすべて自身で撮影したものです。

ココナラで、オーダーメイド旅行プラン作成のサービスを出品中!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

もくじ