【厳選5作品】全力でおすすめできる青春小説

すけ
どうも!小説好きのすけです。

ミステリーを読む前は、青春小説ばかり読んでいました。今でも一番好きなジャンルです。

何も考えずに好きな作品を選んだら、中学生、高校生、大学生と年代はバラけましたが、5作品中3作品が直木賞受賞作になってしまいました。でも文句なしで面白いので、気にせず紹介していきます。

この記事はこんな人におすすめ

青春小説を探している人
学生時代を思い出したい人
爽やかな気分になりたい人
熱い小説を読みたい人

目次

全力でおすすめできる青春小説を紹介

GO / 金城一紀

あらすじ

在日韓国人で高校三年生の杉原は、ケンカや悪さに明け暮れる日々を送っており、警察にも煙たがれる存在だった。
ある日、杉原はパーティで桜井という少女と出会い、意気投合する。毎週土曜日にぎこちないデートを重ねて、徐々にお互いの気持ちが近づいていくようになる。そんな時、親友のジョンイル(正一)が、些細な誤解から日本人高校生に刺されて亡くなってしまう。敵討ちを持ちかけられるが、賛同できない杉原は、桜井に救いを求め、勇気を振り絞って自分が在日であることを告白する。しかし、桜井は、両親から国籍の差別意識を刷り込まれて育っていた。

感想・おすすめポイント

直木賞受賞作で、恋愛小説としても秀逸です。軽快な文体も好みです。
国籍を気にして生きたことはないけど、それは自分が日本人だからなんだろうなと思います。
在日であることを告白してからラストまでが最高です。

  • 出版社 : KADOKAWA
  • 刊行日 : 2000年3月30日
  • 文庫 : 240ページ

Mr.Childrenの「youthful days」は桜井さんがこの作品を読んで作った名曲です。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる