ヒカルの碁の魅力と神漫画だと思う理由・あらすじから魅力まで解説

この記事はこんな人におすすめ
  • ヒカルの碁が好きな人
  • ヒカルの碁を知らない・読んだことがない人
  • ヒカルの碁の魅力がわからない人

どうも!すけ(@SUKE_SUKE_2021)です。

「1番好きな漫画は?」と聞かれたら、「ヒカルの碁」と答えます。

それほど好きな「ヒカルの碁」について紹介します。

目次

おすすめ漫画「ヒカルの碁」について

作品概要

ほったゆみ(原作)と小畑健(作画)によって、1999年2・3合併号から2003年33号にかけて週刊少年ジャンプ連載された囲碁を題材にした漫画。

中国では『棋魂』、韓国では『ゴースト囲碁王』というタイトルで出版されており、その他にも数多くの言語で翻訳されています。

あらすじ

小学校6年生の進藤ヒカルは、祖父の家で見つけた古い碁盤をに宿っていた平安時代の天才棋士・藤原佐為の霊に取り憑かれる。「神の一手を極める」という佐為にせがまれてルールも知らないヒカルが碁を打ち始める。

実際に読んでほしいので、詳しくは書きませんが、大きく分けると佐為編(1-17巻)と北斗杯編(19-23巻)に分かれます。

巻数について

単行本、文庫版、完全版と出ています。

全23巻(単行本)


全20巻(完全版)

全12巻(文庫版)

完全版は持ってない。。。完全版なんぞ買わなくてもヒカルの碁はもう完全版なのである(ちょっと何言ってるかわからない)

アニメについて

漫画でいう佐為編が全75話で放送されました。

アニメって進むスピードが遅いので、個人的には断然漫画派ですが、ヒカルの碁はアニメも観てました。

オープニングもエンディングも、主題歌が全部良いです。

君が今僕を支えて 僕が今君を支える
だから迷いながらも共に生きていこうよ未来へと

Get over/Dream
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる